So-net無料ブログ作成
本・雑誌 ブログトップ

1Q84の3巻を読み終わったので感想を [本・雑誌]

 「1Q84 BOOK 3」は本を買ってからその本自体の厚さのせいでいまいち読む気にならなかったのですけれども、数日前に気合いを入れて読むか、と一念発起して全部読みました。そのため今回はその感想を書きたいと思います(ちなみに私自身小説をあまり読まないので文学的な話は一切できません)。

 作品自体は、ぐいぐいと読み進められる力があって、物語自体は整理されていて非常に読みやすい作品でするすると楽しく読み進めることができて、多分今までの村上春樹の小説の中でも読み易い部類に入りますね。

 しかし作品自体ちょっと3人の話が分けられていて、それが同時進行で進み、その人物たちが非常に近いところにいて見ている目標も似たり寄ったりで、しかも3人が共通した同じ出来事を見ているということが多いので、非常に冗長だなぁと感じるのは否めないなぁ、現に物語が1,2巻に比べて大して前に進行していなくて、1,2巻で残しておいたいくつかの大きな伏線を回収してその後4巻のための伏線を作って終わったという感じです。

 あと個人的にものすごく違和感持ったのが、1984年(厳密にいうと1Q84年だが)という設定なのに、話の描写が現代的というか1990年代以降みたいなぁと、まあ確かに所々登場人物が当時のニュースを読んだり、カラオケで当時のヒットしている歌手を歌って、今1984年なんですよーとなんかとってつけたようなアピールしているけどさ、なんだろうこのアピールどうなのかなぁと気もするし、最後の方になると、とある登場人物がペットボトルに入ったお茶を飲む描写(466ページ)があるんだけれど(これが重箱の隅といわれるのは承知しているんだけれど)、ペットボトルが世の中で一般的になるのって90年代に入ってからだと思うんだけど、ちょっと気になって調べてみたら伊藤園が缶入りのお茶出したのって1985年で、明らかに世の中にまだないものが出ていて、これってどうなのかなぁ。個人的にはこの部分読んだときに、えっ今って設定上1984年だよねと少し確認して作品自体少し興ざめしてしまった、村上春樹にとって1984年が舞台というのはあんまり重要でないことなのかぁ(極端なこというとジョージオーウェルの1984の題材さえとれればOKという節があるようなのも感じるなぁ)。もしくは前回の作品からあまり時間がなかったので調べる時間がなかったのかなぁ。

 うーんでもまぁ読みやすさという意味からしては、これだけ読みやすくておもしろい小説ってなかなかなくて、現に読み始めてから600ページもあったのにあっという間に読み終わって本当にあっという間だったのだけれど、また話が整理されていてわかりやすいというのもあるのかもしれませんけれど、何度も読み返したいとは不思議と思えなくて(4巻が発売されて今までを振り返りたいと思うことはあるかもしれないが)、まあおもしろい小説を読みたいという人にはおすすめではないでしょうか(でも新しく読み始める人には1,2巻を読む必要があって1,2巻って3巻よりも読みにくかったんだよな、そういう意味からしてちょっと作り方を間違えたのじゃないかなって気がする)。


1Q84 BOOK 3

1Q84 BOOK 3


タグ:村上春樹 1Q84
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

bk1のギフト券2010年4月 [本・雑誌]

 ちょっと前にこのブログでbk1のギフト券についていろいろ書いたのですけれども、私もギフト券がこのブログで紹介できるようにいろいろとアフィリエイトに申請して、そのギフト券の知らせが、今日来たので遅ればせながら紹介します。


アフィリエイターの皆様に税抜3,000円以上のお買い物でご利用いただける 《300円分のビーケーワンギフト券》をプレゼント! このギフト券は、皆様にお使いいただくだけでなく、サイトを閲覧している 方にもご利用いただけます。サイトやブログにお貼りいただくもよし、メル マガなどでご紹介いただくのも効果的な販促となるかと思います。 ぜひこの機会に、ビーケーワンのサービス、商品をご紹介ください♪

お貼りいただくギフト券コード 10affia804020430

 ※このギフト券は【お一人様1回のみ】ご利用いただけます。 ※このギフト券は 2010/04/30(金) 23:59 までご利用いただけます。 ※税抜3,000円以上ご注文の場合にご利用いただけます。 (送料・手数料を除く) ※モバイルビーケーワンではご利用いただけません。

 ■ ご利用方法 簡単です!

  1. ご注文いただく商品を買物カゴに入れる
  2.  買物カゴで【レジへ進む】ボタンをクリックする
  3. 【お支払方法選択画面】で、「bk1ポイント・ギフト券を 利用する」にチェックする
  4. ギフト券入力欄にギフト券コードを入力する ※ ギフト券コードは << 10affia804020430 >> です ※  ※このギフト券は【お一人様1回のみ】ご利用いただけます。 ※税抜3000円以上ご注文の場合にご利用いただけます (送料・手数料を除く)。
  5. ギフト券300円分が適用となり、ご注文金額の合計から 300円分が差し引かれる ■ ギフト券の有効期限 2010/04/30(金) 23:59までご利用いただけます。
  •  ご注意 ※税抜3,000円以上ご注文の場合にご利用いただけます。 (送料・手数料を除く) ※このギフト券はモバイルビーケーワンではご利用いただけません。 ※お一人様が同一のギフト券コードを複数回使用することはできません。 ※一度のご注文で複数のギフト券コードを使用することはできません。 ※ギフト券コードを紛失した場合、払い戻しや再発行はいたしません。 ※ご注文完了後にギフト券を適用することはできません。
  •  ※不正な使用が発覚した際はアカウントを停止し、相応の損害賠償請求 などを行なわせていただく場合がございます。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

村上春樹「1Q84」を買ったぞ [本・雑誌]

 また久しぶりの更新だなぁ、もっと更新するようにしないと、さて最近寒い日が続きますね(4月の半ばの言葉とは思えないけれど)、最近ほしいなあと思うCDの発売の発表ばかりでいい意味で困るなあと6月24日には、the pillowsボーカル山中さわお初のソロアルバム「ディスチャージ」が発売されるし、くるりのシングルのカップリング集も発売されるらしいし、7月にはフジファブリックのアルバムが発売されるらしいし(発売の経緯を考えると複雑な心境でどう表現をしていいのかわからないが)。

 さて本題に入って先日セブンネットショッピングで予約し近所のセブンイレブンで「 1Q84 BOOK 3 」を買って(リンク先がセブンネットショッピングじゃなくてAmazonなのは気にしないでね)、うんやっぱり本自体厚いな、どんな話だったっけ(おい)まあ読んでいけば思い出せるかな、じっくりと少しずつ読んでいくことにします。しかしまあ今回セブンネットショッピングで本を買ったわけだけれど少し失敗したなと思うのは、最近ほかのブログ見ていて気づいたのだけれど、BK1は誰でも使える3000円以上の買い物で300円の割引きができるクーポンを発行しているらしい(BK1ギフト券と検索していけば今月のも見つかるはず)、この1Q84は1950円するのでほしかった漫画本2冊もついでに買えばお得に買うことができたのになと思ったりしました。


1Q84 BOOK 3

1Q84 BOOK 3

  • 作者: 村上春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/04/16
  • メディア: 単行本
  • bk1 はこちら

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ブラスト公論 [本・雑誌]

 私が好きなラジオ番組のMCのライムスターの宇多丸さんが座談会をやっている本「ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]」をおもしろいんじゃないかと思ってネットで注文して買いました。

 まだ、全部読んだわけではないんだけれども、ざっくりと読んだ印象はまあ字が小っちゃい&字ばっかり字の大きさは、まあだいたいこのくらいで写真は少しあるけれど、本当に隅から隅まで字ばっかりで華が全くないなとそういう印象。

 内容は、ヒップホップ/R&B雑誌「BLAST」(現在は休刊)で2000年から2004年まで連載されていた座談会を収録したもので、男5人が世の中のことや読者の質問などのテーマを設けて、一言で言えばぐだぐだとながながと話している、そういう内容で音楽雑誌に収録されていた、というけれど音楽的な話はほとんどなくて、時事的なことや身の回りに起こっていることなどで。

 読んでみて、この本どう評価すればいいんだろう、世の中ではこの本名著と呼ばれているらしいけれども、本の帯にもそう書いてあるし(笑)、読んでいて共感できる所とか確かにそうだよなと思うところはあるけれど、うーんこの本は表立って評価しづらいなぁ。

 あとこの本読んでいて感じたのは、よくこんなぐずぐずで音楽にあまり関係のない連載が音楽雑誌で4年間も続いたよな、と思ったけれど、そのことを感じた後に音楽雑誌の連載記事を読むと結構音楽記事に関係のないのんびりとした記事が多いから、逆に音楽記事だからこんな内容でも許されたんだろうなと感じました。


ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]

ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]

  • 作者: 宇多丸; 高橋 芳朗; 郷原 紀幸; 前原 猛; 古川 耕
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 発売日: 2010/03/19
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
本・雑誌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。