So-net無料ブログ作成
音楽・レミオロメン ブログトップ

レミオロメン「花鳥風月」その2 [音楽・レミオロメン]

 前に引き続きレミオロメン「花鳥風月」について、今回このアルバム宣伝なんかを見ているとなんか地雷ぽいなと思って(花鳥風月ドラマエンゼルバンクの主題歌と大々的に言っていたり)、買わない予定だったんだけれど、雑誌やアマゾンの評判を見ると思いのほか評判が良くて、試聴するとこれは期待できるんじゃないかと思って購入。

  でアルバム全体の感想について前作の「風のクロマ」に比べて(レミオベストはベスト盤なので置いといて)暗くて全体的な鈍重な重さは全くなくて、全体的に明るくて、今回は前回とは異なり小林武史(Mr Childrenをプロディースしている人)がプロディースしているわけでなく、セルフプロディースのためか、前作みたいにストリングス(弦楽器)を全面的に押し出してギターの存在感が無くなっている(1曲目は例外かな)とか音の数(どう言えばいいのかな一度に鳴らす楽器の数)が少なくなって前作にあった、派手さや華やかさがなくなってきてその分シンプルになっていて、楽曲自体のもつ魅力を引き出せていますね。

 また歌詞もそのこともあってか、肩の力が抜けてきているなという印象で、前回のアルバムでは正直何を歌っているのか分からないあるいは理解するのが大変なもの(記号っぽい歌詞とか)が多々見られたけれど、今回はそういう何を歌っているかわかりにくいということもほとんど無くて、昔のアルバム「朝顔」に近い感じの歌詞が多くていいですね、とはいってもまだまだ所々力が入っているなと感じられる所もあって、そういう意味からしてこのアルバムは過渡期的なアルバムといえそうだなという印象で、また原点に立ち帰ったみたいなことがアマゾンのレビューや雑誌のインタビュー記事には書いてあるんだけれど、でもやっぱり昔とはちょっと違っていてアルバム「朝顔」やアルバム「ether(エーテル)」の頃とは違い、洗練されているわけでやっぱり良いアルバムだと思う。アルバム全体のまとまりかたとか過去のアルバムを比べると、完成度に関して言えば最高傑作って言ってもいいんじゃないかな(まあ元々このアルバムに期待していなかった分喜びが大きいですけれども)。

 個別の楽曲で見るとシングル曲の華やかな「Starting Over」や「恋の予感から」もそれぞれいいんだけれど、後半に収録されている、9曲目「大晦日の歌」、11曲目「東京」、12曲目の「小さな幸せ」なんてしんみりしていいな。


花鳥風月(DVD付)

花鳥風月(DVD付)

  • アーティスト: レミオロメン,藤巻亮太,皆川真人,Tore Johansson
  • 出版社/メーカー: ORS
  • 発売日: 2010/03/03
  • メディア: CD

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

レミオロメン「花鳥風月」その1 [音楽・レミオロメン]

 今回のレミオロメンのアルバムは、買わないでおこうかなと思ったんだけれど、視聴してみてこれは意外といいんじゃないかと思ってアマゾンで購入先程届いて、今、これを聞いている(見ている)ところでところでじっくりとした具体的な感想はにまた後で書こうと思っているんだけれど、初回限定版の付属DVDの一目見ただけでわかる金と労力(特にこっちの方)のかけ方にびっくりしてね、急遽書こうと、内容的には全アルバム収録曲のPVみたいな内容(コンサートぽい作りになっているけれど、観客の動きや歌い方をを見ていると明らかにこれはPV)で、これから世に出されるのかまた初回限定版の価格を考えていくと(3900円)正直これ元とれるのかな、少なくとも初回限定版を買うか通常版買うか悩んでいる人には間違いなく初回限定版を買った方がいいと言える内容(少なくても900円以上の価値はある)
花鳥風月(DVD付)

花鳥風月(DVD付)

  • アーティスト: レミオロメン,藤巻亮太,皆川真人,Tore Johansson
  • 出版社/メーカー: ORS
  • 発売日: 2010/03/03
  • メディア: CD

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CDセレクトレミオロメン「風のクロマ」 [音楽・レミオロメン]

 このブログのCD紹介でなんか書かないとな、と思い久しぶりに聞いた、このアルバム、全体の印象としては、曲数が多くて最近のレミオロメンらしい聞きやすい曲が多く、結構お買い得感があるんだけれど、このアルバム発売されるまで、シングル曲ためすぎだからかなぁ(両A面含め全6曲)曲の流れが線じゃなくて点になっているなと感じる(でもアルバム曲でも方向性がばらばらだなと感じるのでシングル曲のせいだけではないか)。

 あと最近短いアルバムばかり聞いているせいか、バラードばかりのせいか、イントロが鈍重な曲が多いせいか、理由は正直つかみきれないけれど、なんかアルバム全体が長く感じて聞いている途中で飽きますね。そういう意味からしてメリハリがあんまり効いていない少し残念なアルバムだなあと(曲が割といいだけに)感じます。

 曲を見ると、レミオベストに入った「もっと遠くへ」や「Wonderful & Beautiful」はもちろんいい曲だし、レミオロメンらしいストリングスやキーボードの華やかな演奏が印象的な曲も多く(これが多いから飽きるんじゃないかという気もするが)、特に好きなのは星取りですね、情緒的な歌詞が好きです。

 いずれにしてもこのアルバムは構成はあまり良くないので(構成の悪さだけで個人的にはマイナス50点ぐらいに感じる)、 その点を考えながら聞いたほうがいいアルバムだと思う。


風のクロマ

風のクロマ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/10/29
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
音楽・レミオロメン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。